それぞれの特徴

プラセンタにはいくつかの種類があります。

馬由来、豚由来、羊由来、植物由来、

それぞれその特徴をまとめてみました。

 

まずは馬のプラセンタです。

豚は1度にたくさんの子供を産みます。

しかし馬は人間と同じように早くても

 

1年に一回のペースでしか子供を産みません。

なので胎盤に含まれる栄養素が多いです。

馬のプラセンタにはいくつかの美肌効果を高める特徴があります。

キルギス産馬プラセンタ、デルマタン硫酸、

低分子コラーゲン、主成分のプラセンタ以外の美容成分が豊富、

とあります。次に豚のプラセンタです。

 

豚のプラセンタのメリットしてまず上げられるのが

コストパフォーマンスですね。

豚は安価で出産できる分プラセンタも沢山生産できます。

なので他のプラセンタよりも安く購入できます。

 

あとSPF豚とGF豚とありますがSPF豚は

主要な病原体をもっていない豚ですGF豚とは無菌の豚と言う意味です。

どちらも監視、環境の整った状態で飼育されています。

安全性に関して言えばトップクラスだと思います。

 

次に羊のプラセンタなんですが、

豚以上に羊プラセンタは人間となじみやすいのです、

アミノ酸の組成が羊と人間で良く似ているからです。

 

そして最後に植物プラセンタです。

薔薇からとれるローズプラセンタなのですが、

細胞の増殖因子により、ターンオーバーを促進します。

線維芽細胞を作用しコラーゲンや

ヒアルロン酸等の合成を促進します。

 

このようにプラセンタにも色々な種類と様々な作用があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ヨーグルト断食

  2. 今年の猛暑が原因で。

  3. 便秘にプラセンタ

  4. 保湿クリームだけを塗る美容法

  5. 髪につやを

  6. 馬(ウマ)の胎盤エキス

  7. いつまでも子供のように。

  8. 20代30代の肌荒れ

  9. はちみつとしょうが

本日の人気記事

PAGE TOP