アレルギー体質で肌が荒れる

体と言う物は面白い物で、

アレルギー体質だったり、

親からの遺伝だったり、

小さい頃の食生活や病気などにより、

疲れやすい体になったり、

アレルギーも持ち続けていたり、

もっと言えば「肌が荒れやすい」人もいます。

 

生まれつき体の色が黒かったり、白かったりする人もいると思いますが、

基本的に日に浴びない生活をしてると肌は白くなって行きます。

しかし、全員が全員日を浴びたから健康になる訳ではありません。

日光を浴びただけで具合が悪くなったり、

光が駄目で倒れたりする人もいる様です。

特にオゾン層の破壊で、放射能や紫外線のダメージは確実に人間に悪影響を及ぼしていると言う話もあります。

 

よくみんなで食事に行くと「おれトマト食えないんだよね」「エビアレルギーで」「ソバアレルギーなんですよ」

と色々話を聞きます。

酒も強い弱いありますが、普段から飲んでない人がお酒を飲むと全員にジンマシンが出るケースもあります。

 

そう言う自分も昔は卵アレルギーでしたが、卵自体は好きだったので、毎回腰のあたりにジンマシンが出ていて痒かったです。

幼少の頃は好き嫌いが激しすぎて、野菜は食べない、卵とクリーム系、トウモロコシしか食べなかった様です。

その頃の経験があるからか、

基本的に肉は食わない、脂っこい物も食わない生活が普通になってるので、今も肌はキレイです。

 

しかし、幼少期から普通に食事をしているのに肌にブツブツが出る、と言う人もいます。

日本のダシがアレルギーである場合があったりする様ですが、

そうなると食事も制限された生活を送らなければならない訳です。

 

大体は13歳〜25歳ぐらいで偏食は直るらしいですが、

それでも根本的な問題を解決出来てない人もいる訳です。

そう言う人は水を沢山飲む様にするか、荒治療で毎日体に悪そうな物を飲んでなれさせると言う方法もあります。

おすすめは出来ませんがww

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 見落としがちなスキンケアのポイント

  2. 人(ヒト)の胎盤エキス

  3. 健康にもいいから少し高級なプラセンタ

  4. 羊(ヒツジ)

  5. いつまでも子供のように。

  6. 馬油

  7. 日焼けの炎症にはまず化粧水

  8. 『バラの香りで美肌

  9. 馬(ウマ)の胎盤エキス

本日の人気記事

PAGE TOP