ニキビ予防のスキンケア①

お肌にも菌がいる事をご存知でしょうか。

よく聞くアクネ菌もその一種です。

俗に言うニキビ菌といわれるものがアクネ菌ですが、他にも数種類の菌が肌に存在します。

通常これらは皮脂や汗などを餌にして繁殖していきます。

え!?汚い!なんて思われるかもしれませんが、誰の肌にも存在し、通常これらの菌は悪さはしません。

病原性の微生物を食べてくれたりもするので、バランスが取れている時には良い働きもしてくれています。

これらの菌のバランスが崩れた時に肌を荒らしたりする原因となるのです。

季節の変わり目や生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れると菌のバランスも崩れていくようになります。

丁度今は季節の変わり目ですので、普段よりもスキンケアに気を配りたいものです。

多くの方が悩むのがニキビですが、ニキビは毛穴が詰まる事によってアクネ菌が繁殖し、炎症を起こす事によって発生します。

先程も述べましたが、アクネ菌は皮脂などを餌にして繁殖します。

皮脂が多く分泌されるとアクネ菌も増殖し、このような事に繋がってしまいます。

皮脂の分泌のコントロールがニキビケアの一歩になります。

これにはホルモンバランスも密接に関わってきますので、具体策は次回紹介しようと思います。

その前に、プラセンタがニキビケアの鍵となる事だけは今回述べておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 温野菜と美肌の関係

  2. 20代30代の肌荒れ

  3. 艶やかな黒髪

  4. 目指せ赤ちゃん肌!

  5. 夏に近づいて来ました。

  6. 活性酸素と肌の関係

  7. 内側からきれいに

  8. 目立つ毛穴にはプラセンタ

  9. 夏場の保湿

本日の人気記事

  1. 美容液プラセンタ
  2. わたしのプラセンタ
PAGE TOP