ビタミンDの効果

a1180_012976

肌に悪いとされているひとつの原因に紫外線がありますが、

その紫外線にはビタミンDを作る働きがあります。

ビタミンDが主に骨を丈夫にする為に必要な栄養素です。

そして免疫にも大きく関係しています。

風邪やインフルエンザ、ガンなどにかかる確率が低くなります。

そしてビタミンDには代謝を促進する効果があります。

新しい細胞を作り出し、肌をキレイにします。

そして紫外線で損傷した肌を治してくれる働きがあります。

なのでビタミンDは必要な訳です。

しかし紫外線は受けすぎるとシミやシワの原因になります。

必要不可欠なビタミンD、しかし紫外線は極力避けたいものです。

なので足りない分は食材から補う必要があります。

ビタミンDは魚に多く含まれます。

その中でもサケに多く含まれます。

今の旬な食材で言いますと秋刀魚に多く含まれます。

その他シイタケやエリンギ、マツタケなどのキノコ類にも含まれます。

紫外線に当たる事も大切ですが、

必要以上に当たりたくない場合はこのような食材を摂る必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 秋の育毛ケアにも

  2. Aカップの女性は少なくなっています

  3. 夏枯れ肌にプラセンタ

  4. 冬には鬱病が多くなる?

  5. ニキビ跡への効果

  6. 病中病後にプラセンタ

  7. 日焼けの炎症にはまず化粧水

  8. 卒業アルバム。

  9. 脂腺からでる汗にデトックス効果

本日の人気記事

PAGE TOP