プラセンタのたるみへの効果

お肌を老けて見せてしまう原因には、シミ、しわの他にも
「たるみ」があります。
たるんで、下がってしまった肌は、老けた印象だけではなく、
「太っている・性格が悪そう」なんて印象を
与えてしまうかもしれません。

たるみの原因とはどのようなものでしょうか?

主な原因としては、真皮を支えている繊維芽細胞である、
コラーゲンとエラスチンの劣化が挙げられます。

真皮の75%を構成し、コラーゲン繊維同士をエラスチンが
ジョイントのような作用でつなげている構造になっています。

若い頃は、新陳代謝が活発で細胞分裂も盛んに行われ、
弾力性や柔軟性を持つ、ハリのある肌を保つことができますが、
年齢を重ねるにつれコラーゲンやエラスチンが減少してしまい、
細くなる・切れるなど劣化して弱まってしまいます。
その為、真皮を支えきれなくなり、たるみが
発生してしまうのです。

プラセンタには、その繊維芽細胞の増殖因子が
含まれています。
この働きにより、真皮の内部から
コラーゲン・エラスチンを生成します。

これにより若い頃のようなハリを取り戻し、
たるみを改善することができるのです。

「コラーゲンやエラスチンのサプリを
 直接摂取した方が有効なのでは?」
という声もありそうですが、

実は、コラーゲン・エラスチンは経口摂取しても、
肌までは有効成分がほとんど届かないそうなので、
体内でコラーゲン・エラスチンを生成する働きを持つ
プラセンタを摂取した方が効果的といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 適正な洗顔回数

  2. 友達にプラセンタ勧めてる…

  3. 花粉症に

  4. プラセンタの美白効果

  5. 美容の為だけの

  6. 日焼けの季節

  7. 第三のビールについて

  8. 年始なので改めてプラセンタの紹介

  9. 笑顔と免疫機能

本日の人気記事

PAGE TOP