プラセンタのクマへの効果

十分に睡眠をとっていても、目の下にクマができていたりすると、
老け顔・疲れ顔に見られるだけでなく、
「寝不足?」「疲れてる?」「大丈夫?」などと
周りから心配されてしまったりしますね。

20代後半から30代にかけては、お肌の衰えを感じ始める時期ですが、
まずはじめに比較的軽いクマやくすみを実感するケースが多いようです。

見た目年齢を5歳も引き上げると言われる「クマ・くすみ」ですが、
実は正しい対処をすれば、シミ・シワに比べると予防・解消がしやすいのです。

クマができる原因は何でしょうか?

まず「くすみ」とはお肌の一部が暗い影の様に見えている状態で、
「クマ」は目の下にくすみができている状態を指します。
したがって場所を特定しているかどうかの違いだけで、
クマとくすみは基本的には同じものです。

青いクマができる原因は、目の周りの血行不良や疲れ・睡眠不足です。
そして茶色いクマの原因は、メラニン色素の沈着です。
目の下の皮膚は薄いため、血行不良や色素沈着がより
目立ちやすくなってしまいます。

これらのクマにも、プラセンタは効果を発揮します。

プラセンタには血行促進作用があるため、血行が滞っているために起きる
青いクマには効果が期待できます。

また、プラセンタには疲労回復作用もあります。
プラセンタの作用により、体内のエネルギー生成が促進され、
疲労回復につながります。

疲労には肉体的疲労だけではなく、ストレス等による精神的な疲労も
あると思いますが、プラセンタには精神を安定させる働きもあるため、
ストレスを軽減させ、精神的な疲労の回復にもつながります。

そして茶色いクマのメラニン色素の沈着についても、
プラセンタの新陳代謝促進作用により、お肌のターンオーバーを正常化して
お肌の生まれ変わりを促進することによってメラニン色素を徐々に排出し、
クマやくすみを薄くする効果が期待できます。

このように、クマの原因のそれぞれに対して、
プラセンタは有効に効果を発揮します。
これらから総合的に、プラセンタはクマに対して
優れた効果があると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 美肌作りにはヨーグルト

  2. 鏡を見るのが楽しくなります

  3. 体へのコンプレックス

  4. 健康的な肌

  5. 更年期障害にプラセンタ

  6. ローラがCMでプラセンタの商品を…

  7. 腸年齢を若返らせる

  8. 動物性と植物性

  9. 気力の話。

本日の人気記事

PAGE TOP