プラセンタのニキビへの効果

「ニキビは青春の証」なんて言葉もありますが、
思春期にニキビで悩む人は多いと思います。

そもそも、ニキビとはどういった状態を言うのでしょうか?

●ニキビとは
ニキビとは、毛穴が細菌・皮脂・ホルモンの影響により
炎症を起こした状態を指します。
一般的には思春期のときに顔にできるものをニキビと呼び、
その他のものは吹き出物というようです。

大人になってから出来た、いわゆる「大人ニキビ」は
ざっくり言えば吹き出物なんですね…

ニキビは皮脂の過剰に分泌された場所にできやすく、
皮脂により毛穴がつまり、その中に老廃物が溜まっていきます。

この段階で毛穴が開いて中が見える状態を黒ニキビ、
毛穴が閉じてしまっている状態を白ニキビといいます。

ここに、皮膚に存在している「アクネ菌」が取り付き、
皮脂を栄養分として以上に繁殖すると、炎症を起こしてしまいます。
この状態を赤ニキビといいます。

炎症が悪化すると内部に膿が溜まり、さらにひどくなると
毛穴が破れて中身が流出し、炎症の被害が広がってしまいます。

ここまで来てしまうと、皮膚の深い部分が傷ついてしまうため、
ニキビ跡として皮膚に残ってしまう可能性が高くなります。

元々は皮脂の過剰分泌からひき起こる訳ですが、
この皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの崩れにより起こります。

ホルモンバランスが不安定な思春期にできやすいのですが、
裏を返せば大人でもホルモンバランスが崩れた時に
ニキビが出来やすいということになります。

●プラセンタの効果
プラセンタには内分泌調整作用があり、
つまりホルモンバランスを整える作用です。
この作用により、皮脂の過剰分泌を防ぎ、
大元の原因をストップします。

また、肌が乾燥していると、肌を保護するために
皮脂が過剰に分泌されるのですが、
プラセンタには肌の保湿成分であるヒアルロン酸を
生成する働きがあるので、潤いを保ち乾燥を防いでくれます。

そして毛穴が詰まることでアクネ菌が繁殖するのですが、
この原因の一つとして古い角質が毛穴を塞ぐことがあります。
プラセンタのターンオーバー作用により、古い角質をはがすことにより、
毛穴の詰まりを防止します。

最後に、ニキビはアクネ菌の繁殖による炎症によって悪化しますが、
プラセンタには抗炎症作用もあるため、ニキビによる炎症を鎮め、
早期に回復させます。

このように、プラセンタには、それぞれの原因に対して有効な作用があり、
総合的にニキビに効果があるといえるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 更年期障害とプラセンタ

  2. 梅雨の化粧崩れ対策

  3. 首のしわ対策

  4. 日焼けのケアはまず水分補給

  5. 原液が効く!

  6. 美肌のための生活習慣

  7. 紫外線をカットして美肌に

  8. 口コミランキング10月更新

  9. 大人ニキビの対処法

本日の人気記事

PAGE TOP