プラセンタの成長因子

プラセンタにはなぜ多くの成長因子が含まれているかというと、それはお腹の中にいる生命に、よりよいエネルギーを供給するためだと思います。
プラセンタは胎盤なのでそのような効果がないと、子供を育てられないという事になるのかなと思います。
そこで美容品と進化を遂げたプラセンタ、その成長因子を調べてみます。

その前に成長因子という言葉を聞いた事がありますか?
成長因子とは細胞分裂を活発化させて、細胞に刺激を与える事で新陳代謝を効率よく行う効果があります。
新陳代謝とは年を取るという事により、その機能が退化してしまいますが、プラセンタの成長因子はその退化を防いでくれる事になります。
成長因子にはこのような種類があります。

EGF(上皮細胞増殖因子)
表皮の充実、キメが整う、新陳代謝促進、皮膚・角膜・肺・気管支上皮細胞の増殖

FGF(繊維芽細胞増殖因子)
新皮の充実、ニキビ痕の修復、ハリ・ツヤ・シワ・透明感の改善、ヒト繊維芽細胞増殖、血管内皮細胞増殖、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン増殖

NGF(神経細胞増殖因子)
自律神経バランス調整、神経細胞の増殖、更年期障害・憂鬱・物忘れ・老化の防止

IGF
関節痛の軽減、軟骨細胞・平滑筋細胞の増殖

HGF
肝臓病の改善、肝実質細胞・諸組織の増殖

言葉を並べてみれば難しく聞いた事がないような言葉ばかりでしたが、何となく分かりますよね。
しかし私達は研究家でもなければ製造過程にいる人間でもありません。
何となくでしか分かりませんが、こういった効果があるのがプラセンタという事になるのかなと思います。
しかしプラセンタを飲むだけでこれほどの効果を得れるといった事なら使わない手はありませんよね。
なのでプラセンタを使ってみて下さい。

成長因子というのはこれほどまでに効果があるという事を、分かってしまえば、万能薬ではないですが体にも体の内面にもいい効果をもたらしてくれます。
成長因子自体のワードを知らなかった方も多いと思いますが、これで少しでも頭に入ってくれたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 夏枯れ肌にプラセンタ

  2. 美白のメカニズム

  3. 首のしわ対策

  4. 今はどちらかと言うと男性向きになって来たプラセンタ

  5. 慢性的な疲れにプラセンタ

  6. プラセンタの効果色々

  7. 乾燥肌にプラセンタ

  8. それぞれの特徴

  9. 入浴剤

本日の人気記事

PAGE TOP