プラセンタの病気に対する効果

プラセンタは、多岐に渡る病気に対する薬効が認められています。

それゆえ、肝臓病・更年期障害・乳汁分泌不全については、
医薬品としての認可を受けています。

また、プラセンタの効果である
血行促進作用・基礎代謝上昇・自然治癒力の増大により、
健康面での良い影響も期待できます。

美容目的でプラセンタを摂取していた人の中で、
 ●風邪を引きにくくなった
 ●むくみにくくなった
 ●アトピー性皮膚炎が良くなった
 ●花粉症が楽になった
などの副効用を感じる人が非常に多いそうです。

自律神経を調節する作用もあり、鬱病や不眠などの
精神面の疾患にも効果があります。

さらに、プラセンタには、活性酵素を除去する作用もあります。
活性酵素が原因とされている現代病についても
効果があるといえるのではないでしょうか。

ほかにも肝臓病や腎臓病などなど、
様々な病気にも効果を発揮しています。
まさに「万能薬」と言えるのではないでしょうか?

以下は、臨床的に効果が認められたものです。

●内科領域
気管支喘息、慢性気管支炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、習慣性便秘、高血圧、低血圧、貧血、高脂血症、肝炎、肝硬変症、肝臓病、慢性腎炎、慢性膵炎、糖尿病、膠原病、ベーチェット病など

●外科領域
変形性関節症、慢性間接リウマチ、膝関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩など

●眼科領域
白内障、アレルギー性結膜炎、視力低下など

●耳鼻咽喉科領域
アレルギー性鼻炎、花粉症、メニエール病など

●歯科領域
歯槽膿漏、歯肉炎、歯周病など

●皮膚科領域
アトピー性皮膚炎、シミ・そばかす、吹き出物、あかぎれ、湿疹、乾癬、わきがなど

●泌尿器科領域
前立腺肥大、膀胱炎、痔など

●精神科領域
自律神経失調症、不眠症など

●婦人科領域
更年期障害、月経不順、月経痛、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症など

●その他
滋養強壮、強精、虚弱体質、冷え性、病中病後の疲労回復、美白、美容効果、若返り、生理不順、便秘、二日酔い、目覚め改善、肩凝り、円形脱毛症など

これだけ沢山の効果が認められている成分は、プラセンタだけではないでしょうか?
プラセンタが難病に対する効果を期待されるのも、この幅広い効果によるものなのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プラセンタの摂取時間

  2. 夏場の保湿

  3. 温野菜と美肌の関係

  4. プラセンタのニキビへの効果

  5. 美肌になるコツは1つ

  6. 活性酸素と肌の関係

  7. 夏の肌ケア

  8. 季節の食材

  9. プラセンタ馬か豚か

本日の人気記事

PAGE TOP