プラセンタの薬理作用・効果

プラセンタは、豊富な栄養素を含み、
また数多くの薬理作用を持っています。


プラセンタの薬理作用

●基礎代謝向上作用(基礎代謝を高め、細胞や器官、臓器の働きを活性化する)
●免疫強化作用(免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高める)
●内分泌(ホルモン)調整作用(ホルモンを調整する)
●自律神経調整作用(自律神経を調整する)
●活性酸素除去作用(活性酸素を除去し、酸化を防止する)
●抗突然変異作用(突然変異を抑える)
●抗炎症作用(体表および体内の炎症・潰瘍などを抑え、壊れた組織の修復を促がす)
●体質改善作用(体質の改善を促す)
●抗アレルギー作用(アレルギーを抑える)
●呼吸促進作用(呼吸を促進する)
●造血作用(血液の生成を促す)
●血行促進作用(血液循環を良くする)
●血圧調整作用(血圧を調整する)
●血液凝固抑制作用(血液をサラサラにする。)

●末梢血管・血行促進作用(血流を増加させ、毛細血管の血液循環を促進する)

●創傷回復促進作用(壊れた組織を修復し、やけど、ケロイド、傷口等の回復を早める)
●肉芽形成促進作用(傷や潰瘍、炎症等の回復を早め、欠損した細胞組織を復元する)

●呼吸促進・細胞賦活作用(細胞や組織の呼吸を促がし、欠損細胞の回復を促進する)

●細胞分裂増殖作用(細胞分裂を促し、細胞を再生する)

●細胞活性化作用(細胞を活性化し新陳代謝を高める)

●肝細胞再生作用(肝細胞の増殖を促す。)

●強肝・解毒作用(肝臓の働きを高める)
●抗疲労作用(疲労しにくくする)

●疲労回復作用(疲労の回復を促す)
●食欲増進作用(食欲を促す)
●精神安定作用(精神を安定させる)
●鎮痛作用(痛みを抑える。)
●妊婦の乳汁分泌促進作用(妊婦の乳汁分泌を促す)

上記のように、多岐にわたる薬理作用があり、
様々な症状の改善や緩和に効果を示しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プラセンタの今後

  2. いつまでも子供のように。

  3. メイク落としはいつやるの?

  4. 抹茶でアンチエイジング

  5. 献血できないって本当?

  6. 水分の取り方

  7. プラセンタのニキビへの効果

  8. 夏の肌は乾燥している

  9. プラセンタの種類とは

本日の人気記事

PAGE TOP