中年鬱

昨今「中年鬱」というのを聞く様になりました。

 

30後半から50代までに及ぶらしいですが、

自分の目標や、限界、体力的な事、残りの余生の時間、転職や、独身、などの影響で鬱になる事がある様です。

毎日会社と家の往復の中で人とも会わなくなり、気持ちが落ち込む形になって覇気も無くなって行く様です。

 

会社でも歳を取れば責任は大きくなり、その重圧に耐えられなくなったり、一回の失敗で会社をクビになったり、役職を外されたり。

 

日本人が資本主義の中、高度成長期を終え、その中でも働き続けなければならない、非常に真面目で非常に寡黙と言う印象みたいですが、

こういった文化の元で暮らしていると、「鬱」だと感じていないのに、鬱になってる可能性が高い様で、

「隠れ鬱」の量で言えば日本が一番多い様です。

 

鬱にならない様に、気持ちを明るくする食材があるようです。

それがビタミンbの多く入った食材。

 

その他にはプラセンタが効く様です。

実際に更年期障害の治療薬として使われていたので、

効き目は確かでしょう。

 

 

引きこもり気味で、自信が無く、目標もない、なんて人は気をつけた方がいいかもしれません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ダイエットへの効果①

  2. 白班とシミの問題

  3. 感動と心で若返り

  4. 抹茶でアンチエイジング

  5. 花粉症にはプラセンタ

  6. プラセンタの副作用、不安を解消する為、口コミを元に公開している10の商品

  7. 病中病後にプラセンタ

  8. 季節の変わり目に要注意

  9. 角質培養

本日の人気記事

  1. 美容液プラセンタ
  2. わたしのプラセンタ
PAGE TOP