乾燥肌にプラセンタ

カサカサ乾燥肌の方は季節を問わずスキンケアに苦労しているのではないでしょうか。

たっぷりの化粧水が保湿の基本とされていますが、肌の仕組みを知る事で多角的に美肌へと生まれ変わるキッカケとなるかもしれません。

肌、つまり皮膚は基底層と呼ばれる身体の内部で生まれます。

それが徐々に上層に押し出されてきて、最終的に古い皮膚はアカとして剥がれ落ちていきます。

皮膚の生まれ変わる周期は約一ヶ月と言われていますが、これを肌のターンオーバーと呼びます。

皮膚は何層にもなっていますが、その中に角質層というものがあります。

通常、健康な状態ですと約15から20%の水分を含んでいるといわれています。

これが肌の潤いを維持している元になっています。

乾燥肌や、潤いが足りないと感じている方はこの水分量が通常よりも低いと考えられています。

保湿される際は化粧水の後の乳液でしっかりと潤い成分をカバーする事が大切ですね。

さて、プラセンタに含まれる成長因子などの美容に対する有効成分は、肌の保湿性を助ける働きがあると考えられ、角質層の水分を維持する期待が持てます。

現在は医療機関でも老化を抑える医療行為の中でプラセンタが使われておりますが、ヒトプラセンタ以外のプラセンタ、例えば豚プラセンタや馬プラセンタは手軽に入手する事が出来ます。

プラセンタを美容サプリメントとして毎日飲み続ける事が乾燥肌対策として有効だと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ピンク色のプラセンタとさくらの開花時期

  2. 秋刀魚

  3. 過剰な化粧、過剰な整形

  4. インナードライ肌

  5. それぞれの特徴

  6. 適正な洗顔回数

  7. プラセンタ

  8. 忙しい日本人ほどプラセンタを

  9. 活性酸素と肌の関係

本日の人気記事

PAGE TOP