動物性と植物性

プラセンタには動物性と植物性があります。
一般的にはプラセンタとは、哺乳類由来の
動物プラセンタのことを言います。

 

動物性プラセンタの中にも種類があり、主なものには
人プラセンタ、豚プラセンタ、馬プラセンタがあります。

 

以前は牛プラセンタもありましたが、
狂牛病問題の発生により姿を消しました。

 

また、人プラセンタについては主に医療用となり、
医薬品以外でのサプリメントなどの処方は行われていません。

 

その他にも、動物由来である海洋生物から抽出した
海洋性プラセンタというものもありますが、
これは魚卵の卵巣膜より抽出しており胎盤由来ではないことから、
厳密にはプラセンタとは言えないかもしれません。

 

なので、実質的には動物性プラセンタとは、
豚プラセンタか馬プラセンタのどちらかを指す事が多いです。

 

植物性プラセンタとは、植物の胚から抽出されており、
これも胎盤由来ではないので、本来の意味でプラセンタとは
言えないという部分、またプラセンタの重要な成分である
「成長因子」が含まれていない点でも海洋性プラセンタに
似ているかも知れません。

 

植物性プラセンタには、動物性プラセンタに考えられる感染症の
リスクが無い、という安全性での利点はあります。

 

動物性プラセンタには「成長因子」が含まれているため、
豚プラセンタや馬プラセンタでも、ヒト由来の胎盤エキスから
作られたプラセンタとほぼ同様の効果を発揮します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 美肌は腸内環境から

  2. アーモンドの効果

  3. 美容にいいものたくさんあるけれど

  4. ニキビ予防のスキンケア②

  5. 洗顔と美肌の関係

  6. 必須アミノ酸

  7. プラセンタの病気に対する効果

  8. シミとソバカス

  9. 美容液プラセンタ

    摂取方法 – 美容液タイプ(直接肌へ)

本日の人気記事

  1. わたしのプラセンタ
PAGE TOP