日焼けの炎症にはまず化粧水

resize

 

前回に引き続き、万が一日焼けをしてしまった場合の対処法を紹介していこうと思います。

夏は楽しいイベントが沢山ある分、お肌の手入れには気を使っていきたいものです。

今まで気を使ってきたのに夏の紫外線のダメージで一からやり直しなんて避けたいものですね。

 

前回、日焼けした際は患部を冷やす方法を紹介しました。

日焼けは火傷と同じなので、日焼けして直に保湿クリーム等を塗ると炎症を悪化させる可能性があります。

その後のケアを紹介します。

炎症が引いてきたら化粧水をたっぷりお肌に浸透させます。

紫外線で肌の水分が奪われているので、乾燥状態になっています

擦らないように優しく浸透させていきます。

普段使う量の3倍ぐらいは使っても大丈夫です。

念入りに行いましょう。

 

これだけ水分補給を徹底させるには理由があります。

日焼けをすると数日後には肌が黒くなりますよね。

それはメラニン色素の影響です。

このメラニン色素は細胞が炎症を起こしたときに活性化されます。

これを抑える為にも十分な水分補給が大切になってくるのです

 

次回も続きを書いていこうと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 首のしわ対策~その2~

  2. プラセンタの薬理作用・効果

  3. 梅雨の化粧崩れ対策

  4. 季節の食材

  5. 肌荒れに効く食べ物

  6. 沢山の情報

  7. 大根パワーで美肌になりましょう

  8. 空腹の時間を作る

  9. 冷え

本日の人気記事

PAGE TOP