日焼け止めはしっかり塗りましょう

この季節、日差しが気になって仕方がないと思います。

日焼け止めを少し塗り忘れるだけで、日焼けしてしまったりしまいます

洗濯物を干すだけだから大丈夫だと思っている人もいると思います。

しかしその少しの時間で大量の紫外線を浴びてしまうといった結果になってしまいます。

なのでほんの少しの外出でも日焼け止めを徹底していきましょう

 

そういった様に日焼けを徹底していければベストなのですが、毎回ちゃんとそういったケアができるとは限りません。

急いでいる時、ついうっかりなんて事もありますよね。

 

軽い日焼けでも繰り返せば皮膚を老化させる原因になってしまいます

シミ、ソバカスが出来てしまう恐れもあります。

 

今回はそんな時、思わぬ場面で日焼けをしてしまった時の対処法を紹介していきます。

日焼けのしている状態は火傷をしている状態と同じです。

つまり肌全体が軽い火傷状態になっているという事です。

この状態で美白ケアをしても逆効果です。

まずその火傷のケアをしなくてなりません。

なので日焼けをしてしまった場合はクールダウンします。

冷たい水でシャワーを浴びたり、酷い所は氷で冷やす必要があります

 

美白ケアをする前にそういったケアをしてから美白ケアをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. なんで眠くなる? (生活習慣編)

  2. シートマスクの効果的な使い方

  3. 感動と心で若返り 2

  4. 紫外線UV対策

  5. プラセンタのアンチエイジング効果

  6. 口コミ感想Vol1-プラセンタ化粧水リマーユ プラセラ原液を利用した感想

  7. 夏の肌は乾燥している

  8. プラセンタのクマへの効果

  9. 美白のメカニズム

本日の人気記事

PAGE TOP