日焼け止め続き

前の記事で日焼け止めの話をしましたが、今回も日焼け止めの話をしようと思います。

前回は日焼け止めの塗る量について書きましたが、量を増やしても塗り忘れがあれば意味がないです。

 

首筋、耳の後ろ、腕や足の内側などは日焼け止めを塗り忘れやすい場所です。

日頃から気をつけて癖にしていく事が大切です。

そして重ね塗りは大切です。

重ね塗りをするとそういった塗り忘れが減ります。

3度塗りが基本と言う美容家の方もいるくらいです。

 

人間の皮膚は3分以上紫外線を浴びるとダメージが残ると言われています。

ちょっとした事で出かける時や洗濯物を干す時、ゴミを出すとき等にも日焼け止めを塗って外に出ると良いです。

 

そして塗り直しは基本です。

日焼け止めは2~3時間おきのに塗り直すのが基本です。

汗をかいて顔を拭いた際は塗り直しましょう。

 

そして一日が終わったらすぐに日焼け止めを落とす事が大切です。

日焼け止めを落とし忘れると肌に良くないです。

 

プラセンタなどのサプリを飲んで肌のケアをしていく事も大切ですが、日頃から肌をケアしていく努力が一番大切です。

今年の夏は気を抜かずにいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プラセンタの効果色々

  2. 活性酸素と肌の関係

  3. 薄毛の悩みに

  4. プラセンタ注射のメリットとデメリット

  5. 簡単にできる美容法

  6. 普段からの食事が大事

  7. 花粉症が辛かったら断食してみる?

  8. 売上日本一の、大人気プラセンタを無料で試す!

  9. レモン風呂

本日の人気記事

  1. わたしのプラセンタ
PAGE TOP