活性酸素と肌の関係

美容や健康について調べていると活性酸素という言葉をよく目にしますが、一体人体にどういう影響があるのでしょうか。

活性酸素は本来、体内にある細菌などを除去してくれる働きも持っているようですが、活性酸素が過剰な状態になると人体に様々な弊害をもたらす事で知られています。

様々な病気を引き起こす可能性が高まり、体内の細胞が酸化する事で老化が進行し、肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

シミやしわ、たるみなどといった肌のトラブルの原因となるのです。

美肌作りに取り組んでいらっしゃる方は、新陳代謝の向上と、活性酸素の除去の二つを念頭にして取り組むのが基本だといわれていますが、どのような事が活性酸素を増やしてしまうのか考えましょう。

まず、よく言われているのがストレスです。

そして喫煙、睡眠不足。

これらは病気の原因にもなりますが、薄毛の原因となったり、上述したように肌トラブルの原因ともなります。

さらにタバコは皮膚の温度も下げてしまうので新陳代謝が低下してしまいます。

コラーゲンなどの生成を助けるビタミンCを破壊してしまうことも分かっていますし、美しい肌を手に入れる、もしくは維持するには喫煙はいますぐにやめたほうがいいでしょう。

日常の何気ないこうした努力によって活性酸素は徐々に抑えられ、健康やお肌に良い影響をもたらします。

肌は常に生まれ変わるものですが、その原動力を奪う事は避けましょう。

プラセンタをサプリとして摂取したり、規則正しい生活習慣を身につけて、肌が生まれ変わるのをサポートする意識を持ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 胎盤を食べる

  2. ikkoさんって何者…?

  3. アルコールは眠りを浅くする

  4. 春のスキンケア①

  5. バランスの良い食事と正しい生活リズム

  6. 何で眠くなるんだ?? (糖質編)

  7. キレイへの近道

  8. 小さな努力で大きな成果を

  9. 鏡を見るのが楽しくなります

本日の人気記事

PAGE TOP