満腹感を感じられる食事方法

「食欲の秋」は旬のおいしいものが多くて、
ついつい食べ過ぎてしまいます。

ダイエット中の方には、ある意味ツラい季節ですね(笑)

そこで、少ない量の食事でも満腹感を得られるような
食事方法をお伝えします!

1.良く噛んで食べる
一口30回以上噛む様に心がけましょう。
よく噛む事により、満腹中枢が刺激されて
少量の食事でも満腹感を得られる様になります。
普段より小さいスプーンを使ったりして一口分の
量を少なくする事により、食事全体での噛む回数を
増やす事ができます。

2.間食はナッツ類を食べる。
ちょっと小腹がすいた時の間食には
ナッツ類がおすすめ。
噛みごたえがあり、腹持ちも良いです。
また、食物繊維が含まれているので、
お通じにも効果的です。

3.だしの効いた料理を食べる
かつおだしには満腹感を高める効果が
あるそうです。
また、イライラ防止に役立つビタミンB6が
含まれているため、空腹のイライラにも効果的。
かつおだしの汁物などを摂るといいですね。

総合すると、かつお出汁の効いた和食を
一口30回以上噛んで食べる。
おやつはナッツ類。
というところでしょうか?

これにダイエットをサポートしてくれるプラセンタや、
軽い運動を組み合わせれば、バッチリです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 肌の為に質の良い睡眠を

  2. 知れば楽しいホルモンバランス

  3. 花粉症にはプラセンタ

  4. 中年鬱

  5. カサカサ肌にプラセンタ

  6. 代謝アップで美肌に

  7. 洗い過ぎないケア

  8. プラセンタの病気に対する効果

  9. 疲れやすい人にはプラセンタ

本日の人気記事

PAGE TOP