献血できないって本当?

「プラセンタを使うと献血できなくなる」
という事が良く言われていますが、

これはヒト由来のプラセンタ製剤を注射した場合のことです
内服薬・化粧品・ドリンク剤など、経口摂取や皮膚吸収の場合、
つまり注射以外の接種方法なら、献血する事ができます。

日本赤十字社は平成18年10月10日より、
「ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤の注射薬を
 過去に使用したことのある方の献血をご遠慮いただいております。」
と発表しました。

対象の注射薬とは、ラエンネック(日本生物製剤)とメルスモン(メルスモン製薬株式会社)
ですが、これ以外でもヒト由来プラセンタ製剤を注射した事があれば、制限の対象となります。

これは、平成18年に厚生労働省が発表した、
「ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について」
という通達によるものです。

この目的は、プラセンタ注射薬を使用することによって、
vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)に感染するリスクが
理論的に否定できない事による慎重な予防的対応としてです。

このvCJDの症状は、急激な意識障害や運動失調、進行性の痴呆が特徴の
中枢神経疾患です。

現状でvCJDは検査方法や発病を予防する方法が、未だ研究段階にあり
確立されていません。

ですから、徹底的な感染リスクの除去が重要なのです。

但し、プラセンタ製剤からのvCJDの感染は、今のところ報告されていません。
しかし、前述した感染リスクが払拭できない為、
治療者に対し、各医療機関にてカルテを20年間保管することが
義務付けられています。

日本赤十字社では、献血の際に、過去のプラセンタ注射の有無を
問診票で確認するほか、ポスター等の掲示物を利用して理解を求めています。

冒頭でも書きましたが、
献血が制限されるのは、プラセンタの注射剤を使用したことのある人だけです。

サプリメントやドリンク剤などの健康食品・化粧品・内服薬などは、
献血の制限は受けません。

理由は、筋肉注射や皮下注射に比べて、理論上の危険性が少ないと考えられている為です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 夏枯れ肌にプラセンタ

  2. 動物性と植物性

  3. 卒業アルバム。

  4. 体験談

  5. 運動不足にもプラセンタ

  6. 手軽にデトックス

  7. プラセンタとは

  8. 最近では女性でも仕事で忙しい

  9. コンプレックスにサヨナラ

本日の人気記事

PAGE TOP