羊(ヒツジ)

●羊(ヒツジ)プラセンタとは

羊由来のプラセンタは、人間の体になじみやすく、
免疫反応を起こしにくいと言われています。

羊の胎盤は、遺伝子的には人間のものに非常に近く、
その中でもアミノ酸組成が非常に似ていると言われています。

それゆえ、人体に取り入れても吸収率や適応性が高く、
免疫反応が起こる可能性が少ないのです。
体への馴染みが良い分、高い効果が期待できます。

ただし、流通量が少なく、羊プラセンタは日本では
サプリメントや化粧品の原料としては、あまり使用されません。

これは、牛の狂牛病(BSE)問題と同じ様に、
羊にも「スクレイピー」(致死性の高い伝染病。ヒトには感染しない。)
の問題があり、

政府より、食品や化粧品の原料として使用する場合、
「BSEやスクレイピーの発生している国や
 リスクの高い国を原産国とするウシ、シカ、羊、ヤギなどの動
 物に由来する原料は使用しない」
との通達がある為です。

そのため、日本での羊の胎盤の利用は禁止されており、
海外から輸入するしか入手できないのです。

現在日本で流通している羊由来のプラセンタ製品は、
狂牛病が発症した事のない、ニュージーランド産の羊を
原料にしているものが大半です。

●羊(ヒツジ)プラセンタの特長

羊は他の動物よりも比較的健康で丈夫であり、
病気になる確率が低い動物です。

病気に対する抵抗力が強く、
特定の伝染病を除く病気に罹りにくい為、
抗生物質等の投与が必要ないという利点もあります。

自然の状態に近い環境で育った羊の方が、
ストレスも少なく健康に育つという観点で、
スイスやニュージーランドで育った羊由来のプラセンタが主流です。

その中でも、最も安全性の高い産地と言われているのが、
ニュージーランドです。

農薬などを使用していないニュージーランドの大草原で成長し、
管理の徹底した牧場にて出産した羊の胎盤より
抽出したプラセンタであれば、安全性は高いでしょう。

人体との馴染みが良いとされる、羊から抽出したヒツジプラセンタは、
お肌への浸透力が非常に強く、効果を感じやすいという評価を得ています。
乾燥肌や年齢肌へのサポートに定評を得ているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 保湿クリームだけを塗る美容法

  2. 無駄毛処理と肌の関係

  3. プラセンタの薬理作用・効果

  4. 乾燥肌の原因

  5. 洗顔と美肌の関係

  6. 日焼け止め続き

  7. 外人は凄い体力!!

  8. 効果のおさらいと口コミ。

  9. シートマスクの効果的な使い方

本日の人気記事

PAGE TOP