花粉症が辛かったら断食してみる?

花粉症の話の続きですが、

花粉症になる人は「腸が弱い」傾向がある様です。

 

何故かと言うと、

食べ物は胃で消化され、体に栄気を養う機能を果たしていて、

残りの水分を吸収するのが大腸なのですが、

この大腸から吸収された水分などの栄養は、外気から体を守るバリアの役割に使われると言う事なのです。

 

大腸の働きが弱いと肌に必要な水分が吸収されづらく、

もっといえば花や喉などの粘膜も弱くなる様です。

 

なので、花粉症で肌がヤバい、目が痒すぎてヤバい、くしゃみが止まらない、と言う人は、

腸を休める為に2日間水のみの生活で断食をするとか、

ヨーグルト、キムチ、納豆、キノコ、根菜だけの食生活にしてみるとか。

 

他にも肺をキレイにすると肌はマシになると言う説もあり、

タバコをヤメる、

マスクをする、

空気清浄機を買う、

 

などの対処も試してみる価値がありそうです。

一度お試し下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 夏のメイクのコツ

  2. プラセンタの薬理作用・効果

  3. つぶ5000がリニューアル!プレゼントあり!

  4. 未来はどうなる??

  5. 安いから悪い訳ではありません。

  6. 冷えと便秘はお肌の大敵

  7. 健康は良い事。

  8. それぞれの特徴

  9. 腸年齢を若返らせる

本日の人気記事

PAGE TOP