豚(ブタ)の胎盤エキス

●豚(ブタ)プラセンタとは

現在、サプリメントや化粧品等の成分として、
一番多く使われているのは、豚プラセンタだと言われています。

以前は牛のプラセンタが比較的多く使用されていました。
しかし狂牛病問題の発生により牛由来プラセンタが禁止されて以来、
ブタプラセンタのシェアが拡大し、現在では主流となっています。

プラセンタ製品の成分表示欄に「P」と表記されている場合、
それは豚由来プラセンタを意味しています。(英語のPigのP。)

豚の組織は、人間の組織とよく似ており、
人間の臓器移植手術で(例えば心臓弁)豚の組織が使われる事もあるそうです。
それほど人間の生体に近く、人間の体組織と相性が良いと言われています。

これらから、豚プラセンタと人プラセンタの効果には
大差ないという説もあり、
むしろ、加工後のプラセンタ成分を比較すると、
ヒトのプラセンタよりもブタのプラセンタの方が
有効成分が多いという話もあります。

出産により胎盤が体外に排出された時点では、
成分的にはヒト由来のプラセンタの方が優れています。
しかしプラセンタエキスを抽出する工程により、
人由来プラセンタは多くの有用成分を失ってしまいます。

結果的に、豚由来プラセンタの方が有効成分を多く含んでいることになるそうです。

余談ですが、動物性のプラセンタを比較した場合、
どの哺乳類からの由来原料を用いても、
得られる効果はそれほど変わらない、という説もあります。

豚プラセンタの流通量が多い理由は、人間との親和性による安心感もありますが、
豚は出産回数が多く多産な為、供給量が多く、
製品コストを下げる事ができる事にもあります。

しかし、安全性は高いとはいえ、
病気予防の為に多くのワクチンを投与されている場合があり、
その場合の胎盤への影響は大きいという考え方もあります。

●SPF豚とは

SPF豚とは「健康豚・健全豚」とも呼ばれ、
微生物や寄生虫等、悪性の病原体を持たせないように、
衛生管理された豚舎で飼育された豚を指します。

病気のリスクが低く、ストレス無く育つため、
肉質が柔らかくなるなど、食肉としての価値の高い豚です。

食用としても人気のSPF豚より抽出されたプラセンタが、
注目されています。

通常の豚は、狭い豚舎に密集してで大量に飼育されている為、
感染症にかかりやすい環境で飼育されています。

その防止策として、ワクチンや抗生物質を投与されます。
その雑菌処理の過程で、胎盤の有効成分も破壊されてしまいます。

SPF豚は、病原体に感染しないように
管理の徹底された環境で飼育される事により、
通常の豚より抽出されるプラセンタの約3倍の有効成分を
含んでいると言われています。

使用時の効果も感じやすいようで、
SPF豚産の豚プラセンタは人気が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 小さな努力で大きな成果を

  2. 若い肌

  3. プラセンタの薬理作用・効果

  4. 未だ人気の衰えないプラセンタ

  5. 忙しい日本人ほどプラセンタを

  6. 外人は凄い体力!!

  7. プラセンタのたるみへの効果

  8. 森ガールとオバさん

  9. 春なのに…

本日の人気記事

PAGE TOP